study-abroadSTUDY ABROAD
STUDY ABROAD , , , , , , , , , ,

【 VISA 】マルタでのビザ申請〜必要書類編〜

長期留学の際に必ず必要となるビザ。

マルタでは3ヶ月以上の留学になると現地で申請する必要があります。

今回は、2019年9月現在のビザ申請に必要な書類やビザ申請の行き方などをお伝えします^^

***

2019年9月現在、学生ビザを申請するのに必要な書類等は以下の通りです、

自分で用意するもの

  1. VISA申請用紙
  2. パスポートの全ページのコピー・原本
  3. パスポートサイズの写真2枚
  4. 海外傷害保険証書とそのコピー
  5. 本人名義のユーロ建ての残高証明書
  6. 現地ATMで預金を引き出す予定のカードのコピー
  7. 日本⇄マルタのEチケット
  8. ATMでお金を引き出した時の利用明細書
  9. 申請料66ユーロ

学校側が用意するもの

  • ビザレター
  • 滞在先証明書
  • 入学許可証
  • 学校のコース支払い証明書

順を追って説明します。

①VISA申請用紙

こちらは学校で用紙を用意してくれます。

なので、スタッフと一緒に確認をしながら用紙を描き進めていけば間違いはありません。

こちらが申請用紙です↓

事前に記入していても問題はありません。

②パスポートの全ページのコピー・原本

スタンプの押されていないページも全てです!!

私は留学前に全てのページをコピーして、追加で押されたスタンプのページのみ現地でコピーしました。

現地で全てコピーはお金も手間もかかるかと思うので、出来る限りは勝手のわかる日本でのコピーをお勧めします。

そして申請時にパスポートの原本も渡すことになるので、

忘れずに持っていくようにしてください。

③パスポートサイズの写真2枚

こちらも現地でも撮れるみたいですが、これまた探すのが手間なので、

日本で撮ることをお勧めします。

背景は白で!!

④海外傷害保険証書とそのコピー

こちらは、日本に帰国する日までカバーされているものを手配しましょう。

当初私は、クレジットカードの付帯保険でどうにかできないか・・・とも考えていましたが(節約のため)、長期滞在の場合はこの書類が必要となるので、注意してください。

また、記載の英語が簡素化されすぎてる場合は、英文・ユーロ建ての付帯証明書もつけてください。

⑤本人名義のユーロ建ての残高証明書

残高証明書は、使用予定の口座の銀行で申請すれば手続きできます。

ここで注意してほしいのは、

  • 留学1ヶ月以内に発行されているものが有効であること
  • 場合によっては申請から発行まで一週間近くかかることもある
  • 発行するのに手数料がかかる(銀行によって違う)
  • 必ず英文表記、ユーロ建てであること

以上のことを踏まえて銀行に申請しに行ってください。

また、残高についても目安があり、

申請日数×€38〜50ほど

滞在費用をすでに支払っている場合は申請日数×€18〜€25

ということなので、こちら詳細はエージェントに確認するようにしてください。

万が一、本人の通帳でないものを発行する場合は別途、保証書と保証人の身分証明書(パスポートがbetter)のコピーが必要なので、こちらも注意が必要です。

⑥現地ATMで預金を引き出す予定のカードのコピー

こちら裏表のコピーが必要です。

⑦日本⇄マルタのEチケット

帰国の日程がわかるものを必ず用意しましょう。

日本で帰国便が取れなかった場合も、必ずビザ申請までには詳細を決定して、証明できるようにしておいてください。

⑦ATMでお金を引き出した時の利用明細書

金額は問いませんので、必ずATMを使った際には明細書を取っておいてください。

⑧申請料66ユーロ

こちらおつりの出ないよう、現金でピッタリ用意してください。

***

上記が現在の一般的な必要書類になります。

しかしこれとは別に、学校でもらう学生カードのコピーも必要だと私の学校では言われたので、最新情報等は必ず学校のスタッフに確認を取るようにしてください。

また、その他の注意点として、

  1. ビザ申請には、授業の出席率80%以上が必要である
  2. パスポートを一時的に預けるので、コピーを自分の手元に置いておく
  3. 申請時の担当者によって追加の書類を求められることがある
  4. 時期によってビザ申請可能な曜日や時間が違うことがある

3、4に関してはゆるいマルタらしい?と捉えればいいのかなんなのか・・・。

しっかり学校側と確認をして書類を揃えていっても、不備として捉えられ受け付けてもらえないケースがあります。

こっちとして不備がないとなれば、違う担当者の時を見計らっていくしかないなんてことも。泣

その他、

ネットに書かれてあるビザ申請の期間に関しては

  • 語学学校が始まってすぐ行くようにする
  • 4週間後からじゃないと受け入れてもらえない
  • 受け取りまでに8週間以上かかる

などなど・・・

書いてあることが違いすぎて私自身すごく迷ったのですが。

2019年9月現在に関しては、

  • 3ヶ月以内の申請ならいつでも受け付けてもらえる
  • 申請から受け取りまでは3週間程度

といった感じでした。

ただ、ビザ申請の受付日時に関しては、

私の時には火・水の9:00〜12:00頃までの受付だったのが、

現在はいつ行っても大丈夫になっているみたいなので、

本当にその都度変わってしまうんだろうなと思います。

なので、ネットで調べるより何より一番確実なのは

学校のスタッフに直接聞くこと!!!

そして、

余裕を持った日程を自分の中で組んでおくこと!!

格安でヨーロッパ旅行ができてしまうマルタなので、

旅行の兼ね合いで申請日時をはっきりさせたい方もいるのではと思うのですが

(私がそうだった)

正直、日程に関しては突然変わることもとても多く、エージェント自体が分かりかねるところも多かったように感じたので、

現地に行き、スタッフに尋ねるのが一番確実な方法だと思います。

そして、

できることなら早めに申請してしまう

のが一番確実で安心な方法だとも感じました。

長くなったので、次回に申請場所までの行き方等を説明します!

Category : STUDY ABROAD

コメントを残す





ブログ一覧へ戻る